美白化粧品の購入方法に迫る|情報はランキングで得る

女性

ビタミンcの力でシミ予防

肌の内部でビタミンcに

クリーム

シミ予防には、ビタミンcを肌に与えることが有効とされていますが、それはビタミンcに酸化しやすい性質があるからです。シミは、肌が活性酸素の影響で酸化することでできるのですが、ビタミンcを与えておけば、これが先に活性酸素に酸化させられます。そのため活性酸素は肌に影響を与えにくくなり、肌にはシミができにくくなるわけです。しかしビタミンcは、空気に触れるだけで酸化してしまいます。肌に浸透する前に酸化してしまっては、肌を守ることはできません。これを防ぐために開発されたのが、ビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体は、空気に触れても酸化することがありません。しかし肌に浸透すれば、肌の内部の酵素によってビタミンcに変化し、シミの予防効果を発揮するようになるのです。

コットンでパッティング

ビタミンc誘導体は、基礎化粧品の中でも特にローションに配合されていることが多いです。ローションはスキンケアでは、一般的には洗顔の直後に使用されています。洗顔により肌からは汚れが除去されるので、その直後にローションを使用すれば、美容成分が吸収されやすいのです。しかし洗顔後の肌は、水分が蒸発しやすい状態なので、それによって美容成分も抜け出ていくことが多いです。ビタミンc誘導体が抜け出てしまえば、その分シミの予防効果は薄れることになります。そのためよりしっかりと肌に吸収させるために、コットンにローションを含ませて、パッティングをすることが良いとされています。そうすると、コットンが蓋になることで、ビタミンc誘導体が抜け出ていきにくくなるのです。

Copyright©2015 美白化粧品の購入方法に迫る|情報はランキングで得る All Rights Reserved.